自己否定から抜け出す魔法[#002]

「なんて自分はダメなんだろう」

一体何度この言葉を
頭の中で呟いてきたことでしょう。

それこそ催眠術のように
毎日毎日何度も何度も、、、

そんなわたしを少しずつ
自由にしてくれた魔法の言葉は

 

「とりあえずいつも
100点からのスタート、
ということにしよう。」

 

漬物石のように
頭も体も重たくて
布団から出られない。

でもとりあえず
その状態に100点を出す。

責めない。
責めないから減点にならない。
だから
とりあえず100点。

すると少しだけ心が軽くなる。
すると起き上がれたりもする。

なんであんなことを
言ってしまったんだろう。。。

後悔して心臓がドキドキしている。

でもとりあえず
その状態に100点を出す。
責めない。

すると少しだけ心が軽くなる。
すると、
起きてしまったことのモヤモヤで
満タンになっていた脳に
すき間ができて、

どうするのが良かったかなとか、
次はこうしようとか、

少しずつ、脳の中にある

「プラスの未来について
考えるアプリ」が

起動し始めたりもする。

 

あ、
これは「ジャッジしない」とか、

瞑想で
「ただありのままを見つめる」
の生活応用編だ!

と気づいたのは最近のことですが、
本当に本当に本当に
大切なことだからこそ、

うんと昔の聖者たちが
一生懸命訓練してきたんだなあと、
身に染みて感じたのでした。

 

そして、いちばん驚いたのは
「ダメな自分を変えないといけない」
と思っているときより、

ありのままの自分を
受け入れるところから
スタートするほうが

自分の変化が
スムーズだということ。

ありのままの自分に
OKを出すというのは、
実はそこでとどまるためではなくて、

そこからスタートするほうが
うんとスムーズに
なりたい自分に変化していける

「目的地への特急券」
だったみたいです。

ずっと逆だと思っていたわたし。

でもそんなふうに
モヤモヤと生きる姿も
人間らしくて愛おしい。

だから100点。

 

こうして少しずつ少しずつ、
ありのままの自分を
受け入れられるように
なっていったのでした。

「なんて自分はダメなんだろう」

そう思ってしまう自分にも
まずは100点を出しながら、

今日も人生の1ページを綴っていく。

人間も人生も、本当に不思議です。

 

心が自由になると無理なく動けるようになる[#001]

ずいぶん長い間、
暗闇を彷徨う日々を過ごしてきました。

自分は欠陥品で役立たずだという催眠を
自分で自分にかけてしまったのです。

頭では「みんなちがってみんないい」
と言い聞かせても、
心は自分を決して認めてくれません。


でも突然魔法のように催眠が解けました。


「みんな“人間”だと思うから
いけないんだ理論」です 笑

例えばわたしはトラであの人は羊で
あの人は猿で、、、

そう思えば、

トラの常識と羊の常識と
猿の常識は違うのが当たり前。

トラにとっての心地よいと
羊にとっての心地よいと
猿にとっての心地よいは違うのが当たり前。

トラの発言に羊が異を唱えるのは当たり前。
人間て一人一人それくらい感覚が違う。


そう思ったら突然、
ただ違うだけ、
という言葉がおなかにストンと落ちました。


そっか。
わたしの感覚が仮に否定されても、

それはトラと羊の好きな食べ物が違うだけ
くらいに自然で当たり前のことで、
全然怖いものなんかじゃないし、

例えば羊に
「肉食するなんて信じられない」
と言われても

トラにとっては
肉食は当たり前のことなわけだから、

否定されたって拒絶されたって
落ち込む必要なんてなかったのです。

いちばんハードルの高かった、
家族や友人に否定されたくない、、、
という感覚も、

わたしはトラ、彼女は羊、
彼は猿、と当てはめていくと、
ちっとも怖くなくなりました。

すると、

自分で自分を認めることが
できるようになって、
心が軽くなって、

オマケに
今までのわたしでは考えられない
blogまでやり始めてしまって、
自分がいちばん
自分の行動の変化に驚いています。


アドラーの「課題の分離」
とも近いかもしれないですが、

わたしにはこの理論が
とっても効き目があったので、
シェアしてみることにしました。


もしもこの理論で
「わたしはわたし」「ひとはひと」
という感覚が腑に落ちていなかったら、

不特定多数の方に向けて
情報を発信するなんて
絶対に絶対に無理だったので、

変化した自分が
これから歩み始める新しい世界に
ワクワクドキドキしています。

そんなわけで、これから少しずつ、
わたし自身の
心を軽くしてくれたあれこれを
シェアしていけたらいいなと思っています。

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。